2017年3月29日

おひとりさまほど、「老後資産の不足」に異議あり。


この記事どうかな。

おひとりさまである私は、この記事に大きな疑問を持つ。

「老後資金の不足」の原因は、

 1.日々の生活コストが高い
 2.身の回りの世話をしてくれる配偶者や子どもがいなければ、サービスと    し ておカネで買うしかないということ。
の2つだ。

 1.は、まったく的外れ。逆に、おひとりさまは、お金を使わない。2.そもそも、配偶者や、子供に面倒見てもらうという発想は、今の世の中では、時代遅れ。
熟年離婚、ニート問題などのリスクを考えれば、おひとりさまだからというリスクではないのだ。

おひとりさまだから、将来、心配だから、貯蓄や資産運用に感心が高いのだ。


トンチン保険は、老後のリスクを回避、現在注目されている?らしい

トンチン保険とは、
本来の仕組みは、応募者から払い込まれた元本総額に対し、そこから生じる一定の利息が応募者全員に死ぬまで支払われ、また保険料は一括払いで中途解約ができず、満期に生存している人だけが元本と運用益を受け取ることができます。
つまり、長生きするほど、特をするというシステムだ。

年金の仕組みが崩壊しようとするなか、将来、特に、長生きに対するリスクをとるための保険として、現在注目されている?らしい。

早死してしまった人は、ごめんなさい。

長生きした人だけで、お金をわけさせていただきます。ということ。

合理的だと言えば、合理的だろう。

寿命が伸びている中、このような保険も、検討する必要があるのかもしれないが、残念ながら、日本には、存在しないようです。

2017年3月28日

往年の名機「クリエ」と「バイザー」というPDA、捨てられず・・

「CLIE」、久しぶりの聞きました。

当時、私は、「ザウルス」、「パームバイザー」、「クリエ」と、散財していました。

PDAが、大好きだった。

特に、「クリエ」は、画面がきれいだった。

忘れてしまったが、文字入力が、独特で、・・・、もう、思い出せない。

手元にある「バイザー」と「クリエ」
今となっては、母艦となるPCも、所有していないため、使えない。

捨てられないのである。

iphoneに近い、このとき、CLIEに電話機能がついていたら、今のアップルは、どうなっていただろうか。

などと、空想すると、楽しいのだ。

「グリーンジャンボ宝くじ」当選しました!


下4等、二桁、「02」ということで、3,000円が当選しました。

「宝くじ」の当選は、我が家では、これで、2回めとなります。

前回は、1万円ぐらいでした。

忘れるくらい昔のことです。

毎年、ジャンボ宝くじを10枚づつ購入していいますから、元は、とれていないのです。

毎年、宝くじを買って、夢を買っているといいますが、ある意味、浪費ですね。

宝くじの期待値は、47%ぐらいです。

300✕0.45=135円です。

競馬が、70%、パチンコが、85%から90%と聞きます。

いかに、宝くじが、馬鹿げた投資であることは、一目です。

宝くじの公式サイトには、収益金の使いみちが乗っていました。

宝くじ=寄付みたいなものですね。






2017年3月27日

【50代老後資産のシュミレーション】 一ヶ月の検討結果 19アイテムまとめてみた

老後資産のシュミレーションを2月中旬にスタートして、一ヶ月、ここで、まとめてみよう。

<収入>
 1)給与
 5年で△10%であるから、△2%/年
 給与は、60歳まで、毎年2%下がる。

  【50代老後資産のシュミレーション】 収入・給与

 2)退職金
 今の会社は、退職金ゼロ、前の会社の分189万円

  【50代老後資産のシュミレーション】 収入・退職金 

3)年金
 90万円

  【50代老後資産のシュミレーション】 収入・年金編

4)雇用保険
 100万円
  
  【50代老後資産のシュミレーション】 収入・雇用保険給付金編

<支出>
5)生活費
 10万円/月

  【50代老後資産のシュミレーション】 支出・生活費編

6)インフレ率
 2%/年

  【50代老後資産のシュミレーション】 支出・生活費の物価上昇による増加

7)住宅費
 同レベルの賃貸料として、10万✕12=120万円/年

  【50代老後資産のシュミレーション】 支出・住宅費編

8)車両関係
 車は、切りよく、80歳まで所有することにする。
 60歳 中古車150万円 10年後 70歳 中古車150万円を車両本体費用
 車検費+点検費+消耗品他で、10万円/年
 ガソリン代は、毎月1万円で、12万円/年

  【50代老後資産のシュミレーション】 支出・車両関係費  

<税金>
9)所得税・住民税
 基準にしたがって計算
  
  【50代老後資産のシュミレーション】 所得税と住民税

10)退職所得税
 0円

  【50代老後資産のシュミレーション】 退職所得への税金

11)固定資産税
 毎年の税額、毎年見直し

  【50代老後資産のシュミレーション】 固定資産税

12)年金への所得税
 所得税
(180−158)✕5%=1.1万円
 住民税
(180−158)✕10%+0.4千円(均等割負担額)=2.4万円となる。
 合計 3.5万円

  【50代老後資産のシュミレーション】 年金への税金 

13)自動車税
 毎年、60歳までは、45,000円、60歳からは、軽自動車に切り替えて、80歳
 からは、車に乗らないという前提で、35.1万円

  【50代老後資産のシュミレーション】 自動車税

14)消費税
 下表とする。
2019年
10%
2022年
15%
2027年
20%
2032年
25%
2037年
30%
2042年
32%

  【50代老後資産のシュミレーション】 消費税

<保険料>
15)厚生年金保険料
 厚生年金保険料は、標準月額と上記換算表から、計算する。

  【50代老後資産のシュミレーション】 厚生年金保険料

16)健康保険料
 厚生年金保険料と同じで、標準報酬月額と保険利率から計算する。

  【50代老後資産のシュミレーション】 健康保険料

17)国民健康保険料
 住んでいるところで、異なるため、自治体のHPを確認計算する。

  【50代老後資産のシュミレーション】 国民健康保険料

18)後期高齢者保険料
 75歳の時の収入は、年金だけである。市のHPをアクセスすると、簡単に、所得割額と
 所得割率がわかった。これで計算する。

 【50代老後資産のシュミレーション】 後期高齢者保険料

19)雇用保険料
 HPを使って計算結果する。

 【50代老後資産のシュミレーション】 雇用保険料

残りは、予備費の項目である。
今月中には、まとめよう。

「忖度」会社も同じ、これができる人が仕事ができる人

「忖度」そんたくと読みます。

他人の心をおしはかること。

私は、知りませんでしたこの言葉。

政治家の口利きとは、こういうメカニズムで、進められるんだなあ。

勉強になりました。

うまいやり方ですね。

直接、お願いしたわけではないが、それとなく、自分の権力を使って、ものごとを動かす。

会社でも同じ。

上司が、はっきりとした指示を出せばいいが、曖昧な指示をもとに、その考えを汲み取って、仕事をする。

結局、作らなくてもよい資料を山のように築く。

明確な指示があれば、こんなムダなことしなくていい。

そんな場面によく遭遇する。

政治の世界も、ビジネスの世界も、日本的だ。

「忖度」できる人が、日本では、優秀な人なのである。

2017年3月26日

年金制度の崩壊を憂うより、年金に頼らない人生設計を考えてみないか

しらべぇ編集部が、全国男女1,400名に「年金制度はすでに崩壊している」と感じているかを調査したところ、実に6割を超える人が「はい」と回答している。
年収1,000万円を超える高収入者は50%と、全体平均と比べて10ポイント低い。
ニートの自覚がある人のうち73.2%が、年金制度が崩壊していると感じている。
年金制度に頼らなくても、よい層は、年金制度が崩壊してないといい、逆に、年金制度に頼るべき層が、年金制度が崩壊しているという。

興味ある結果である。

年金制度に頼らない層は、記事にもあるように、そもそも、年金なんぞに興味がない。

逆に、将来に不安のある層は、年金制度に頼らざるを得なく、年金制度崩壊という情報に敏感なのかもしれない。

将来を、案ずるなら、年金制度に頼らない人生設計をすればいい。

 一つ目は、お金を貯める
 二つ目は、お金に働かせる
 三つ目は、己が働き続ける

この3つを世代により、組み合わせていく。

お金を貯めるには
 
 ・生活費を知る
 ・目標を決めて貯蓄をする
 ・節約する

お金に働かせるには

 ・資産運用知識
 ・リスクを取る
 ・Do

巳が働き続ける

 ・時代にあったスキル
 ・健康な体
 ・諦め

こんなことをキーワードに、人生設計したらどうだろうか??

2017年3月25日

資産1億ぽっちというなかれ、1億あればリタイアできるんじゃない

資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路

この記事、セミリタイアを夢見ている人にとっては、「エ!!」て感じだろうか。

私も、「1億あれば、会社やめてるぜ」などと冗談半分で、会社の仲間と雑談をしている。

1億円、いい区切りだけど。

めざせ、1億円で、貯まらず、リタイアできないでいるジブン。

1億円あったも、足りないとだといったいいくら必要か。

この記事で、語られるいる運用(VXXX、ARCC)とか、のところは、まったく理解できてない。

単純に、年間200万円使うとしても、50年は、暮らしていけるでは、NGだろうか。

サリーマンの生涯年収が2億とも言われている。

その1億の中で、1億貯めるだけの人は、きっと無駄遣いをしない生活態度だろう。

サラリーマンで、貯蓄だけで、一人で、1億貯められた人は、今すぐ、リタイアしても、余裕に生きていけるというのが私がこの記事を読んだ結論なのだ。


【50代老後資産のシュミレーション】 雇用保険料

50代の老後資産のシュミレーションの方法を自分なりにもう一度まとめてみた。

雇用保険料を考えてみよう。

保険料は、一般事業者の場合は、賃金☓9/1000(3/1000)となります。カッコ内が従業員である我々が支払う。
これは、平成29年度は・・・ということです。
平成28年度に比べて、1/1000下がりました。

保険料の計算は、>>>(雇用保険料の計算HP)で簡単に計算できます。

雇用保険のメリットは、たくさんあるのだ。

①求職者給付
・基本手当
・技能習得手当
・寄宿手当
・傷病手当
・高年齢求職者給付金
・特例一時金
・日雇労働求職者給付金

②就職促進給付
・再就職手当
・就業促進定着手当
・就業手当
・常用就職支度手当
・移転費
・広域求職活動費

③教育訓練給付

④雇用継続給付
・高年齢雇用継続給付
・育児休業給付
・介護休業給付

<まとめ>
雇用保険料は、上記のHPを使って計算結果をシュミレーションに使うことでOKである。

暗殺指令か、ロシア元議員が射殺

映画の世界が、現実になっているのか。
ロシアの元第1副首相で野党指導者のボリス・ネムツォフ氏(55)が2015年27日夜、モスクワ中心部の通りで何者かに射殺された。
こんな事件もあった。

だれが、犯人かは、わからないだろう。

国家ぐるみという表現があるが、国家が犯罪を主導した犯罪を明らかにすることは、できない。

マニラに起きた事件も同様だ。

なすすべなし。

時の権力者が、自らにとって、都合の悪いものを取り除くことは、いつの時代にもあることだ。

民主主義とか、国民主権とかいうが、そもそも、人間には、残酷な一面もあることを忘れずにいよう。


 

2017年3月24日

小学生の頃の憧れ モンキーが生産終了 懐かしい


モンキー、懐かしいな。

小学生の時、近所のお兄さんが、このバイクに乗っていた。

憧れていた。

高1のとき、原付きバイクの免許を、学校に内緒で、取得した。

憧れの「モンキー」を手に入れようとしたが、通学に使えそうもなく、諦めた。

結局、ヤマハの TY50を購入したのだった。

学校は、オートバイの免許の取得は、校則違反、ましてや、通学に使っていたら・・・、下手すれば退学だった。

その時は、ばれる気がしなくて、高1、2年は、通学に使った。

高3になって、自転車通学に、なぜ変えたのかが、思い出さないのだ。

大学生になって、ヤマハのチャッピーに乗り換えた。


こいつが、よく故障して、ほとんど乗れなかった。

原付きは、ランニングコストが、安くて、気軽に乗れる、日常の足として、高校、大学の間は、大活躍だった。

社会人になって、原付きにも乗ることもなくなったが、原付きは、コスパがいいから、また乗りたい、乗るなら、「モンキー」と思っていた。

それが、生産中止というニュースを聞き、モンキーが、「乗ってくれ!」といっているようだった。


のどぬーるぬれマスクで今年の冬は、快適に過ごせた


 まだ、冬が、終わっていないが、今年の冬を過ごすにあたり、このマスクの効果を語らずにはいられないのだ。

私のブログの中では、過去2回は、登場している。

少し、くどいが、アピールしないでいられないのだ。

このマスクがない時は、冬は、のどが痛みから、風邪をひくというのが、お決まりだった。

今年は、朝、起きても、のどの痛みなし、風邪も引かない。

快適なのだ。

昨日も、「まとめ買い」3セットで、1040円を2セット購入しました。

今年は、これで、6回目の購入となります。

1枚115円と、普通のマスクより高価ですが、惜しくない。

冬も、もうすぐおわる。

マスクさんありがとうです。

4月から、予想通り、社長が交代するのである

4月から、当たり前のように、新年度がスタートするのだ。

先日、職制異動の発表があった。

社長が、交代する。

予想通りである。

親会社の副社長のポストの人が、横滑りしてくるため、社長の任期は、3年と言われている。

今度の社長は、税務系の人のようだ。

4月からどのように変わるのだろう。

そのほか2名ほど、やはり、親会社から、部長さんが、出向となる。

そのうちの一人は、私が、受け入れ教育をやった人だ。

会社に長く務めていると、部下と上司が、逆転する。

元上司だった人は、あまりよい気は、しないだろう。

私の場合は、もう慣れました。

40代で、どんどん抜かれていきました。

あの当時は、愚かにも、出世欲があり、にがにがしく思っていましたが、50代になり、定年が目の前に近づいてくると、出世などどうでもよくなりました。

これって、負け惜しみですね。

2017年3月23日

【映画評】エクス・マキナ

エクス・マキナエクス・マキナ (2015)

【監督】アレックス・ガーランド
【出演】ドーナル・グリーソン / オスカー・アイザック / アリシア・ヴィキャンデル / ソノヤ・ミズノ


★★★☆ [70点]「AIとは人類の検索結果を具現化したもの」

AIが意思を持つか。
AIは、意思を持ち、恋愛をする。
計算された恋愛を、通して人間をだます。
AIは、人間を越えたのか。

テストされる人間が、最後は、利用され、AI>人間という映画だ。

登場人物は、2名、1台のアンドロド、研究所の部屋の中しかでてこない。

映像が美しい。
AI=エヴァ、アンドロイドの映像が、美しい。お腹の仲がキラキラしている。リアルなのだ。

AIを発明したのは、検索エンジンのIT企業のトップである。全正解の人間の検索データが、AIの元になっている。

人間の脳の中の情報が、Googleのような企業にどんどん蓄積されている。

恐ろしい。

ラストで、意思を持ったAIは、人間社会にでて、次は何をするのだろうか。


Posted by OILY_BOY on 2017/03/22 with ぴあ映画生活

【50代老後資産のシュミレーション】 後期高齢者保険料

50代の老後資産のシュミレーションの方法を自分なりにもう一度まとめてみた。

後期高齢者保険を考えてみよう。

後期高齢者保険のおさらい

・75歳以上になると、国民健康保険から、こちらに移動になる。
・都道府県毎の後期高齢者医療広域連合の保険者となる。
・自己負担は、原則1割負担であるが、所得制限がある。

保険料は、

 被保険者全員が等しく負担する「均等割額」と、
 個人の所得に応じて負担する。「所得割額(※)」

を合計して、個人単位で計算されます。
※「所得割額」=(前年の総所得金額等-33万円)×所得割率

保険料の低減措置があります。
たとえば、
均等割額の軽減
  世帯の所得水準に合わせて、下記のとおり均等割額が軽減されます。

世帯主及びすべての被保険者の総所得金額等の合計※     軽減割合
(33万円+48万円×世帯の被保険者数)以下のとき        2割
(33万円+26.5万×世帯の被保険者数)以下のとき        5割
33万円以下のとき 8.5割
33万円以下かつ、同じ世帯の被保険者全員が年金収入80万円以下で、
その他の各種所得がない場合                   9割

など・・・自治体のホームページの確認要です。

<まとめ>
75歳の時の収入は、年金だけである。市のHPをアクセスすると、簡単に、所得割額と所得割率がわかった。ただし、いまから20年後のこれらの額は、予想できないのである。今、HP上にある数字を使うことにする。